ピラティスインストラクター向け有料サービス

Pilates Lover/STABE online lab+

ピラティスインストラクター必修の13レッスン:Lesson7 STOTT PILATES原則について詳しく知りたい=胸郭

STOTT PILATES principle: ribacage placement

目次

胸郭についてディープな話!ピラティスインストラクターのマスターになる為に知っておくべきこと

A子:先生、コースでストットピラティス原則の胸郭ついて学びましたが、胸郭の配置がよくわかりません…

J:胸郭について理解することは難しいですが、あらゆる状態の時も胸郭の配置は重要です

胸郭が前に飛び出してしまうと胸椎の前弯が強くなり、胸椎の自然な後弯がなくなってしまいます。それゆえ胸椎はフラット気味になります。また飛び出す度合いによっては、胸椎の前弯が強くなり過ぎることで、腰椎の過伸展になり反り腰になってしまいます。

A子:胸郭は胸椎だけでなく腰椎にも影響があるのですね!

J:そうです。胸椎と腰椎の動きがうまく引き出せない、コントロールができない人は胸郭を見直した方が良いでしょう〜

腰椎を見るとき、骨盤は見ますがその時に骨盤だけではなく、胸郭も一緒に見るようにしましょう。

-------------目次------------

胸郭とは?
胸郭の配置とは?
胸郭と胸椎が関節面で接していことによる影響とは?
胸郭のあるある-1
胸郭のあるある-2
胸郭のあるある-3

-------------------------------

胸郭とは、肋骨、胸骨、胸椎からなる鳥かご状の部分で、胸郭は骨盤の真上にあります。肋骨下部と骨盤の間には全ての腹筋が付いており、腹筋を正しい出力で使うためにも胸郭の配置が重要になります。 また、胸椎と肋骨は、関節面で接していますので、胸椎の動きにも影響があります。 胸郭は、体を正面から見た時、横から見た時も骨盤の真上にあるようにしてください。 世界最古の木造建築法隆寺の五重塔、横浜ランドマークタワーも骨盤の真上の胸郭がある状態と似ています。土台の真上に積み建てています。胸郭と骨盤の状態も...

-------------------more-------------------

この記事は有料会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題、年間会員のお悩みにお答えします!

>>>プレミアム会員登録🥰 

  • All
  • 13lesson
  • アークバレル
  • アーティキュレーション
  • ウォーミングアップ
  • オープン運動連鎖
  • クローズド運動連鎖
  • コア
  • スタビリティ
  • ストットピラティス原則
  • スパインコレクター
  • トーニングボール
  • ピラティスイントラ入門
  • ピラティスキャデラック
  • ピラティスチェア
  • ピラティスマシン
  • ピラティスマット
  • ピラティスリフォーマー
  • フットワーク
  • マタニティ
  • モビリティ
  • ラダーバレル
  • 上肢
  • 下肢
  • 下肢アライメント
  • 中級
  • 呼吸
  • 坐位
  • 股関節
  • 肩甲骨
  • 胸椎
  • 胸郭
  • 試験対策
  • 集客
  • 頚椎
  • 骨盤
error: Alert: Content is protected !!